当院職員の新型コロナウイルス感染症発症に関するお知らせ −第2報−

 当院職員の新型コロナウィルス感染症発症者に関するその後の状況についてご報告申し上げます。
 当該職員は4月15日に症状を訴え4月21日(水)に新型コロナウィルス感染症と診断され経過観察隔離となっておりましたが、順調に回復し4月29日に自宅退院となりました。また、当該職員の勤務しておりました病棟の入院患者様、ならびに濃厚接触者からの発症がないことが確認されたため、当該病棟は4月30日から通常通りの営業再開が保健所より許可されております。今回の事例が最小限の影響で済みましたことに感謝申し上げますとともに、地域の皆様、関係者の皆様にはご心配をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。
 本件を教訓として、4月28日には他施設の感染管理認定看護師による当院感染管理体制の第3者評価を受け感染管理対策を見直すとともに、5月1日に従来の院内感染対策委員会を改め感染管理室を正式に発足させました。残念ながら国内、地域の新型コロナウィルス感染症は拡大の傾向にあり、今後も気を引き締めて当法人内ならびに地域における感染症対策に取り組んでいく所存です。ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  あきた病院
  理事長・院長 町田 二郎