公チャンネル

『天雷无妄』
 四書五経の五経のひとつ易経に出てくる
である。
 无とは、古字であり無である。
 自然体に生きることは、楽のようで極めて
難しい。自然は変化がある。春夏秋冬、山あ
り谷あり、寒暖等々。変化をそのまま受け容
れる、つまり変化に順うことだが、これが実
に難しい。
 奇跡のリンゴ、無農薬無化学肥料でリンゴ
を実のらせた木村秋則さん。
 十年間無収入。夜のバイトで生活費のたし
にする。志を貫き通した木村さん。
 無妄でいることは、むずかしい。
 人間は、命の誕生すら今、作為が入る。
 私たちの都合のいいように、手を加える。
 植物の種は、食材の香り味がしない。聞く
所によると、全国どこでも同じ味の料理が作
れるようにするためとか。
 子育ても、親は親たるを学ばないで、親の
思うように育てようとする。いわゆる過干渉
である。
 いたるところで作為がおこなわれている。
化学、サイエンスの力に頼ることも大事だ。
 化学科学を否定することはできないが、自
然の一員である私たちの本来の生き方に少し
戻ることが必要ではなかろうか。
 限りなく自然体に生きてゆきたい。不自由
するだろうが、不自由の中に幸せの光が宿っ
ていると思う。