公チャンネル

『社員食堂の風景』
 丸の内にある、とある大企業の社員食堂。
 ランチタイムになり、社員が一人二人と食
堂に吸い寄せられてくる。
 あるテーブルに社長の目がとまった。
 片隅のテーブルに一人で食事を摂る部長が
いた。五人掛けのテーブルに一人。
 彼は黙って食べている。
 まわりのテーブルには四〜五人が席につき、
談笑しながら食事を楽しんでいる。
 社長は
 「彼は部下からの評価・評判がよくないと
部下の面談から聞いた。彼のまわりに社員が
寄りつかない。慕われていないのだ。」と、
心の中でつぶやいた。
 社長は社員の声を聞いて、部長に対する見
方、評価、ジャッジをしてしまった。
 人は各々の自分のモノサシを持っている。
自分に都合のいい人は、よき人となる。
 それはそれで仕方のないことだ。
 私も世界の中心は自分だと思っている。
 眼の中にゴミクズが入っていれば、見るも
のを正しく美しく見ることができない。
 心を整えよ。思いこみを捨てよ。美しい心
で世界を見よ。
 これは、自戒する教えである。
 私が社長であったならば、どう行動しただ
ろうか。
 いずれにしても、正解はない。誤りもない。
 ここで私なら…を述べてみたい。
 人を批判、評価、ジャッジは、それはそれ
でいい。
 が、その前に、ひとりで食事している部長
のテーブルに行き、ともにランチを摂ったと
思う。相手はひとりで食事をしたかったかも
しれない。
 だが慕われていないと解釈したのであれば
慕ってあげたら、相手も自分もどれだけ心が
光輝くだろうか。
 人は、「呉下の阿蒙にあらず」というでは
ないか。
 人間は自然の一員。
 草木のように外に向って、天に向って成長
してゆくものだ。
 太陽と水と空気と少しの肥料(優しさ)が
あれば人は育つと思う。
 優秀とは、モノ知りのことではない。憂い
のある人、憂いに秀でている人のことではあ
まいか。
 憂いのある人になりたい。