公チャンネル

『相続とは』
 相続という言葉からイメージすることは、
土地、有価証券、現預金など金めのものだ。
 相続財産といえば、どれだけ資産があるか。
 それを誰れがいくら程もらえるかと思う。
欲のかたまりの相続人の相続争い。よく見聞
する話である。
 私も父からそれなりの金目の相続をした。
一生食べるには困らない。そうです。プラチ
ナの箸とひとわんの茶わんを。
 私も齢六十を超え、被相続人の立場になっ
た時に、相続とは何なのかと考える。
 金目のことは否定できない。多ければ多い
程よいと思う。
 だが、金目をたくさん持たない私が相続人
に渡すものは、と思った時に一番の相続財産
は、私の生き方であり、死生観でありたい。
 自分も大切だが、自分だけではない、他の
人も大切にし、利より真を尊ぶ生き方、人を
想いやる心、このような私なりの価値観を、
私の子が、受け継いでゆきたいと思ってもら
える財産をのこせるよう、限られた時を創っ
てゆきたいと思う。
 父から相続したもの。
 父の口ぐせであった、「人間として生まれ
て実にありがたい」。「グチや悪口や弱音は
吐くな」だった。
 父の言葉とその意味するものを、私は相続
したと思っている。