公チャンネル

『ぐち・不満』
 ある女性の相談をうけた。
 社会が世間が、私に何もしてくれない。
 私は誰々れに、これ是れをした。
 三十分も、ずっとぐちと不満。
 人の話をきくのは、耐え忍ばねばならない。
 この方、他人に与えることを知らない。与
えっぱなしの人生はない。与えたようで、そ
の数倍、いや百倍もの生きる力を与えられた
のだ。そのことに気づけば、笑顔になれるの
に、最後までぐちと不満で終った。
 肩書や金やもち物で、人は幸せになれない。
善意に解釈し、少しでも自分のもてる時間、
お金、得意なことなどを、人に与えれば、あ
りがとうがかえってくる。
 お互いに
 おかげさま
 ありがとうで生きたらどんなに笑顔で暮ら
せることだろう