公チャンネル

 紀 友則さんの和歌より
  ひさかたの
   光のどけき
    春の日に
     静心(しずこころ)なき
      花の散るらむ   『古今和歌集』

 我家の庭の桜は、あっという間に散った。
 昔むかしの日本人は、桜の花が風にゆられて散ってゆくのを観て、人生のはかなさを感じていたのだろう。
 季節の移り変わりは、私に、無常をみせてくれる。
 散ることは、次に命のバトンをつなぐこと。
 散るから咲く。
 人間も死ぬから、生がある。
 花の散るらむ
 ぼやぼやして、今を生きてはならむと我家の桜が教えてくれる。