公チャンネル

安岡正篤先生に学ぶ
寸陰すんいんを惜しむ』

 どんなに忙しい人にも、寸陰というものはあり、
ちょっとした時間は必ずある。そのちょっとした
時間をつかむ熟練をすると、案外時間はあるもの
で、寸陰を惜しんでやっていると、その寸陰が、
長い時間と同じか、あるいはそれ以上の値打ちが
生じてくるものだ。
 時間だけは誰にも平等に与えられている。人生
八〇年として、働く年数は約四〇年。睡眠時間を
一日八時間として、起きているのが二十六年と半
年。二十三万二千百二十八時間である。
 この時間をどう使うかでずいぶんと違ってくる。
睡眠時間を七時間にすれば九四九〇時間余計に起
きていられる。三九五日は他の人よりなにかが出
来る。
 私は読書、学習、仕事などすべてにおいて、細
切れに時間を使う。仕事はいくつものことを同時
に進める。朝起きて、今日やることの手順を決め
てしまい、頭の中にスケジュールが入ってしまう。
その後は、やれることからどんどん進めていく。
優先順位もそのつど変更していく。
 一つのことに時間をかけて、じっくり取り組む
ことはほとんどない。せっかちといえるかもしれ
ないが、次から次と課題を見つけ解決していけば、
アイディアが沸いてくる。
 問題意識を常に持ち続けていけば、何をしなけ
ればならないかが、瞬時に分かり、体が自然と動
き出す。いまという時間を後回しにしてことをな
しえたためしがない。時間は細切れに使うことだ。
あとで、後で、というのでは、人生の夕暮れを迎
えてしまう。最も、大事でないことに時間を費や
すくらいなら寝ていた方がまし。