公チャンネル

安岡正篤先生に学ぶ
多逢聖因たほうしょういん

 人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人、
いい書物に会うことを考えなければならない。こ
れを多逢聖因という。
 人間は出逢いの連続である。よき出逢いもあれ
ば、悪しき出逢いもある。どんな出逢いをするか
は、その人がどんな思いで日々暮らしているかに
よる。
 例えば、お金に価値を置く人は、お金にまつわ
る人と出逢う。
 よくこんな話を聞く。私はだれだれを知ってい
る、と。しかし、街で偶然であった程度の出会い
は、魂と魂がふれあい自分の生き方に影響する出
逢いとはならない。名刺をたくさん集めてもただ
の紙切れに過ぎない。
 読書もただ数多く読めばいいというものではな
い。本当の読書とは、一冊の本から自分の心に沁
みる箴言にも似たものを読み取ることをいう。
 一冊の本を座右に置いて、何度も読み返す人は
間違いなくその本から大切なものを得ている。読
書とは本来そういうものである。
 私淑する人の本を一〇年読み続ければ、その人
と出逢える。
 結局、人は出逢いの中で自分の歩む道が作られ
る。よき出逢いをするには、漫然と生きてはなら
ない。場所によって、人によって、書籍によって
自分が磨かれてゆく。
 相田みつをさんの詩に「よき出逢いを」という
のがあるが、出逢いは簡単なことではない。自分
の心に描いたとおりに出逢いがある。よき出逢い
は、よきこころのなせることだ。出逢いを求めて
はならない。出逢いは向こうからやってくる。