公チャンネル

『根が張りそして芽が出る』

 コロナ禍により、企業は廃業、倒産、M&
Aとさまざまな形をかえている。
 M&A、事業継承がうまくいくには、色い
ろな要因がある。
 組織の文化、風土がちがい育ちのちがう組
織の中に入っていくには、何が必要か。
 自分が身を置く組織に骨をうずめる覚悟が
いる。戻る場所を断つ、断橋ができるか。
 今までいた組織の文化、風土、ルールを新
転地に即もちこまないことだ。
 種まきをするとわかる。
 根を張りそして天に向って芽が出る。
 種と同じだ。
 新転地でまず根をおろし根を張ることだ。
今までの文化、風土をいったん脇に置くこと
だ。半年も同じ空気をすえば根が張りだす。
それまで今までの世界のルールを持ち込まな
い。そこを辛抱できるかだ。
 人は自分を理解してくれる人に心を開く。
 相手を理解し受けとめてくれた分、自分も
相手から理解され受けとめてもらえる。
 ひとことでいえば
 人間愛なんだ。
 頭のよしあしなんて、たいして役に立たぬ。
人間をどうみる。人間の値打ちをどう理解す
る。人間の尊さをどうみる。
 人間愛、人間理解、ひいては自分愛、自分
理解でなかろうか。
 人は頭で動かない。足の裏が光る人間にな
ろう。
 ラッカサン、パラシュートよ平地の陽のあ
たらない場所に根を張り花を咲かせる植物に
愛をもとう。
 額をたれて、下をみてみよう。
 おちた所で
 根を張り
 おちた所で
 自分の花を咲かせよう。