公チャンネル

『私流の決断の心得』

 私たちは一日何度も大小さまざまな決断をしている。
 パンにするか御飯にするか。この商品を買うか、見合わせるか。
 まぁ〜この類の決断なら人生にたいした影響はない。決断の心得なんて大げさなことを言う必要はない。
 だが、組織の盛衰を決する決断は、多くの人の人生に影響を与えてしまう。
 このような重大なことを決する際の心得とはいかにあるべきか。
 心の中のエゴ、小我を見つめる。幾つものエゴが姿かたちを変えて現れる。
 損か得かのソロバン勘定を弾く。
 「動機善か私心なかりしきか」と、自問できればいいが、私それほど立派じゃない。
 ソロバンを何回も弾き弾く。
 皆のために善きことか。
 私のために善きことか。
 ソロバンを弾く。損か得か。
 これを繰り返す。
 すると、ロウソクの炎の横揺れが少しずつ治まってくるように、心に静寂が訪れる。
 そのとき決断する。
 決断に心地よいか、よく眠られるか。
 YESならその決断に従う。
 決断したからそれでおしまいかと言えば、事はそれほど単純ではない。
 想定外のことが起きてくる。
 計画外のことが起きてくる。
 下駄を履くまで、いや、下駄を履いて歩きだすまで、いや、歩きだしても彼の岸に両足が着地するまで、想定外が起きうる。
 誰にも相談できないことに向き合うには、それ相当の精神的スタミナがいる。
 決断とは孤独な精神活動である。