公チャンネル

『コロナ感染対策バブル』

 コロナ感染症が世界中で蔓延している。
 見えない、におわないウイルスとのたたかい。
 出口が見えない。
 政府も何をどうすれば防げるかわからない。
 そりゃそうだ。未曽有の出来事が起きているのだから。
 正解はない。抜本的解決策もない。
 マスクは1枚3〜4円が、いまは、20円前後。
 値段は需要と供給のバランスだから何とも言えないが。
 予防のための機器が雨後の筍のように出てきた。
 テレビをつければ、感染症の専門家がしたり顔で解説する。
 可も無し不可もなしの、当たり障りのない説明。
 テレビ局はどのチャンネルも似たり寄ったりの内容。
 なんだか、コロナバブルの様相を呈しているように感じる。
 感染防止の備品や消耗品に関して補助金がでる。
 当院でも、全部署で検討し始めた。
 実費でも揃えたいか。
 感染防止対策上、有効と判断されるか。
 必要なのか、それとも、あれば助かる程度か等々。
 いろんな方向から関係者が検討している。
 補助金があることは、マスクなど感染防止対策の消耗品が値上がりし、経営を圧迫している状況下では大変ありがたいことである。
 ただ、私たちは、補助金の落とし穴に落ちないように気をつけなければならない。
 「ただ、もらう、ひろう」は大好きであるが、ただではいけないもの、もらってはいけないもの、拾ってはいけないもの、があることを肝に銘じなければならない。
 補助金だから手出しがないからと、不要なモノやあれば便利的なモノを揃えると、取り扱いが雑になり、ひいては、働く人の心まで荒んでしまう。
 「ただ、もらう、ひろう」にも、道があると思う。