公チャンネル

 『COVID-19』
 新型コロナウイルス感染症が世界中にひろ
がった
 国の対応も場当り的であり後手後手の感が
する。
 行動自粛要請はロックダウンではないと。
言葉遊びする官僚たち。
 飛沫感染か接触感染を防ぐことが目的であ
る。ロックダウンして人の動きを不要不急な
ものに制限しそれ以外の行動には罰則をつけ
ればいい。
 どろぼうをみつけ出し、行動経路を調査す
る接触者の追跡調査は、これだけ感染が拡大
し経路が不明である以上、先回りしてPCR
の検査を実施すべきである。
 文科省には各大学にPCR検査器がある。
厚労省は横と手をとり、検体検査にのりだせ。
たて割り行政はやめろ。
 情報を正確にスピーディーに公開しろ。
 経済も人あってのこと。
 中小零細企業の資金援助も必要。思い切っ
て固定費を無利子で長期返済にして、しかも
短期一週間程度で貸出してほしい。
 中小零細企業も立ち直れば援助された分を
返していく気概をもとう。
 今は経済より、ウイルス抗菌薬の開発・マ
スク・医療用品にお金を使うべきだと思う。
経済は命あってこそ復活する。
ワクチン、予防薬に多額の資金を投入すべき
だ。