公チャンネル

 『水俣病公害ドキュメンタリー』
 原因企業チッソという組織の内部からとら
えたドキュメンタリー。
 被害者の視点から、東京裁判までのドキュ
メンタリー。
 水俣の漁師杉本家を描いたドキュメンタリ
ー。
 被害者、加害者、マスコミ報道、国、地方
自治体からの目線
 補償金を手にした認定患者と未認定患者の
心の壁。
 市民の中に、チッソ会社員と農民漁民の位
の壁。
 人間の良心と経済復興の葛藤。
 組織の中で生きる社員の苦悩。
 水俣病は、私たち人間の尊厳、心の豊かさ、
悲しみ、愛しさ、妬み嫉み、そして、誰れに
も語れない文字や言葉に表せない深い漆黒の
底から問いかける。
 人間とは
 命より大事なものとは
 人間の存在価値とは
 そして、この世に生をうけたということは
 水俣病という企業による公害は、私たちひ
とり一人に、根本的な生き方を問うている。
 当時のチッソ水俣工場長であった、西田栄
一さんの墓標は、戒名はなく、「西田氏之墓」
とだけ刻まれている。
 家族にあてた手紙に、「罪人となった自分
を許してほしい」と、記されていたという。
 人間はひとりでは生きられない。
 人も、ネコも、トリも、山も木も草も水も
土地つちも、太陽も月も、星々も、すべてのもの
つながっている。