公チャンネル

 『色即是空 空即是色』
 今年一番に咲いた梅は散った。
 いま、サクランボの花が咲いた。
 ボケは深紅の花を咲かせている。
 雪柳は純白の花をまとった。
 桜は蕾。
 満開の花もいいが、蕾を観ていると、いま
にとび出すぞ、今に咲くぞ、という桜木の声
が聞こえる。
 般若心経に、色即是空、空即是色とある。
 厳冬につける蕾は空の世界か。
 満開は色の世界か。
 空も色も佛ではないのか。
 佛の教えを知らない私は、自分勝手にそう
解釈した。おおいなる働き。思議することの
できない自然の営み。これを佛というのでは
ないかと。
 同じ木に咲く花であるが、枝の場所により
時を異にする。
 花弁はすべて天に向かっているのではない。
四方八方に向いている。
 佛の光は、あまねくすべての生きものに注
がれている。
 生きものである花、私…。
 独り座して桜の木と会話を楽しむのも、ま
たゆかいである。