日本医療評価機構 認定第 JC1979号
公チャンネル

『自立を奪う』
 ジーランドに野生のカモがいた。
 湖に羽を休めているカモがいた。
 人のいい老人が、カモにエサをやり続けた。
 カモは渡り鳥である。
 カモは考えた。
 ここに居れば、この老人からエサをもらえ
る。飛び立つことでもない。
 ここで一生暮らせるのだ。
 ところが、ある日、雪崩がおきた。
 野生のカモは、飛び立つことができず、み
んな死んだ。
 自らの力で生きてゆける、やせいのカモで
あり続けることだ。
 エサをやり続ける老人は、私かも知れない。
私がいなくとも、仕事のできる人であるため
に、ジーランドの老人にならないことだ。