日本医療評価機構 認定第 JC1979号
公チャンネル

『グラス半分のビール』
 今から四十年前、私はアルコールは飲めな
かった。宴席でコップにビールを注がれ、や
っとの思いで半分だけ飲んだ。すると天井が
クルクル回りだした。
 あれから四十年。仕事上のお付き合いで、
相手より先に酔ってはならないと、気を張っ
ていた。頭痛、はき気をくり返し、今では日
本酒五合、ビール五百ミリ2本、ウィスキー
W2杯なんともない。すっかりアルコール依
存症になったのかと思うことがあるが、仕事
中に飲むことはないので、依存症ではあるま
いと、自己判断している。
 おいしく飲んでいるのは、最初の一杯だけ
であり、あとは惰性である。何らかんら理由
をつけて飲む、飲んべえ〜の根性のやらしさ
を感じる。TOKIOの山口さんじゃないが
アルコールとほどよい距離を保ち飲まれない
美しい飲み方をしなければと思う。酒よ今夜
も私を誘うのか。