日本医療評価機構 認定第 JC1979号
公チャンネル

『不器用がいい』
 不器用がいい、とはいっても、器用がいい。
器用に生きられないから、不器用がではなく、
不器用でいい。これが私の思い。
 不器用で自分に誠実であれば、誤解と偏見
のなかで生きてゆくことを覚悟せねばならぬ。
自分が自分らしく生きてゆくのか。息苦しく
ても自分らしく生きてゆくのか。それとも、
波乗りのようにスイ〜スイと自分を少し殺し
て生きてゆくのか。なやましい。